教育−統計データ

スイスの義務教育は、26の州が管轄している。それ以後の教育過程(職業教育、高等学校、大学、高等職業教育)は、連邦、または、州が管轄している。

図書館にいる学生
ベルン大学図書館の学生 © FDFA, Presence Switzerland

ほとんどの子供たちは、義務教育を受けるために地域の公立学校に通っている。(9〜10年間)その後、9割の子供たちが自らの選択に基づいて、2年、もしくは、3年から4年間の義務教育後の教育を受ける。それらの学校の卒業資格を得た後に就職、および、高等職業訓練学校や大学に進学する者に分かれる。 

  • スイスには、毎年、約16万7000人の学齢前、46万7000人の初等教育、25万5000人の中等教育前期の義務教育の児童がいる。
  • 毎年、36万6000人が中等教育後期に進学している。そのうちの約3分の2が職業基礎教育課程に進学している。その他が一般教養を学ぶ学校(ギムナジウム−高校、実業中等学校)に進学している。
  • 約23万8000人の学生が高等教育課程に進学しており、その内訳は、61%が大学(州立大学、連邦工科大学)、30%が高等専門学校、8%が教員養成学校である。
  • 現在、25歳から64歳の人の41%が高等教育課程(大学、高等職業訓練校)を修了している。
  • スイスでは、国内総生産の5.6%に相当する年間約350億フランの公的資金が教育に使われている。
  • 企業は、職業教育に年間28億フランの資金提供を行っている。

より詳しい情報