スイスを訪れたい

ビザは必要ですか?

スイスへの渡航にビザが必要かどうかは、国籍と渡航目的によって違います。ビザに関するお問い合わせは、お住まいの国のスイス大使館、および、スイス領事館でおたずねください。

スイスは、2008年12月以降、シェンゲン協定加盟国となりました。これにより、シェンゲン査証によるスイスへの入国が可能となりました。 

お近くのスイス大使館、領事館の住所は、スイス連邦外務省のウェブサイトでご案内しています。

スイスの交通は?

スイスの公共交通網は、スイス全国をくまなく網羅しており、列車と地域バスは、利用者がスムーズに乗換えができるよう接続しています。

スイス連邦鉄道のウェブサイトは、列車だけでなく、バスや船の時刻表や時間と目的地を入力する検索サービスを提供しています。スイス・トラベル・システムは、海外のお客様に最適なサービスを提供致します。

スイスは、道路交通網も発達しており、車を利用する旅行者にも効率的な旅を約束しています。スイスの高速道路を利用する場合には、“vignette(ビニェッテ)”というステッカーをフロントガラスに貼らなければなりません。“vignette(ビニェッテ)”は、1月から翌年の1月までの1年間有効で、40フランです。旅行前にスイス政府観光局、または、各種交通組合で購入するか、スイスの国境管理事務所、郵便局、高速道路のサーピスエリアで購入してください。

冬に車で旅行をされる場合は、冬タイヤ、もしくは、道路の状態により、チェーンの着用が必要です。多くの峠道は、冬の間、閉鎖されています。スイスでは、2014年1月から日中でも自動車(二輪車を含む)のライトを点灯することが義務づけられました。身長150㎝に満たない12歳未満の子供が乗車する際は、特別なチャイルドシートに座らなければなりません。身長150㎝以上、12歳以上の子供は、シートベルトの着用が義務づけられています。

スイスでは、サイクリングを楽しむ人のために、多くの道路で、普通自転車、および、マウンテンバイク専用道路が整備されています。

スイスで自転車に乗る際には、自転車保険のステッカー“vignette(ビニェッテ)”の購入をお勧めします。(旅行者には、自転車保険の加入は、義務付けられていません。)“vignette(ビニェッテ)”は、スイスの郵便局、または、駅で約5フランで購入できます。

スイスを訪れるベストシーズンはいつ?

スイスには、四季折々の見どころがありますが、特に、6月から9月にかけては、天候が良く、アウトドアでの活動がより楽しめるシーズンです。

春(4月、5月)と秋(9月、10月)は、夏に比べ、観光客が少なく、ホテルやリゾートなどもハイシーズンよりも低料金で利用できるメリットがあります。

ウィンタースポーツは、11月末から春の雪解けの時期までお楽しみいただけます。

スイスの気候は、年により、また、アルプスの南側と北側でも違いがあります。スイス政府観光局のウェブサイトでは、スイスの天気情報やスイスの四季についての情報を提供しています。どうぞご覧下さい。

スイスの通貨は?

スイスの通貨は、スイスフラン(CHF)で、スイスの他に、リヒテンシュタインでも使えます。また、スイスの大都市や観光地では、ほとんどの場所でユーロが使える他、ATMでのユーロの引き出しも可能です。

どのような電気コンセントが必要ですか?

スイスやほとんどのヨーロッパの国で使用されている電化製品は、電圧230V、周波数50 Hzで、コンセントは、タイプ C(2つの差込)、または、タイプ J(3つの差込)が使用されています。

タイプ Cコンセントは、英語圏以外の多くの国で使用されており、ほとんどのユニバーサル・コンセントセットには、このコンセントが含まれています。(日本で使用されているコンセントとは、違います。ご注意下さい。)

タイプJは、スイスの他に、エルサルバドル、エチオピア、リヒテンシュタイン、マダガスカル、モルジブ、ウランダで使用されています。

日本の電化製品をスイスで使用するには、変圧器、または、電源コンセントの変換機が必要になります。電気店などでお問い合わせください。