中世初期と中期

ブルクドルフ城
ブルクドルフ城 © FDFA, Presence Switzerland

古代ローマ帝国支配に続く紀元後500年から1000年にかけての時期全般を中世初期という。
現在スイスがある場所も他のヨーロッパ地域と類似した歴史を辿った。

1世紀は、移民活動(民族大移動)の時代であり、スイスにもさまざまな民族が入植し、新たな生活様式や言語を持ち込んだ。
すでに古代ローマ人によって持ち込まれていたキリスト教が宣教師などによって広められた。司教区と修道院を所有した教会は、その土地で暮らし、農業を営む住民に対するあらゆる権限を持つ地主となった。
同じく、貴族が権力闘争による侵略や相続、政略結婚によって勢力を強めていった。

 フランク王国のカール大帝が一時期、西ヨーロッパの主要な地域を統治していた。カール大帝は、800年、中世でローマ帝国初の皇帝を号した。

カール大帝の統治下でもまだ実質的な国家という概念はない。すべての社会階級における強者と弱者の関係は、個人的な従属関係が基盤となっていた。また、貴族のネットワークは、皇帝が統治していた。この時代、皇帝、公爵、教会領邦君主の主従関係は、それぞれが己の特権を守り、または、その拡大を図ることによって常に変化していた。

962年、ドイツ王オットー1世は、ローマの教皇から皇帝の帝冠を授けられる。(ローマ帝国は、のちに「神聖ローマ帝国」、15世紀からは国名に「ドイツ国民の…」が付けられる。近代には、ドイツ帝国、ローマ・ドイツ帝国が成立する。)

Early and High Middle Ages (PDF, 104.0 kB, 英語 )