フランスの支配下

石造りのライオンの寝像、ルツェルンにある嘆きのライオン
1792年に犠牲となったスイス人傭兵を悼んだ記念碑“嘆きのライン” © Andrew Bossi

フランス革命とそれに続くナポレオン戦争は、ヨーロッパの姿を変えた。スイスもこの変化に抗うことはできなかった。1798年にフランス軍が侵攻し、13州同盟の政治体制を統合すると、とりわけ支配される側にあった農村とエリート指導者層の法的な平等を実現し、中央集権制のヘルヴェティア共和国が樹立した。
その後、ナポレオンは、1803年の調停条約により、秩序が維持できなくなったこの体制を連邦体制に立て直した。この時に与えられた州の地理的な境界は、1814/15年の変革後も続いた。

Under French Rule (1798-1815) (PDF, 61.0 kB, 英語 )