トップイベント

ダボスの世界経済フォーラム、“アート・バーゼル”、陸上競技大会の“ヴェルトクラッセ・チューリヒ”などスイスでは多くの重要な国際イベントが開催されている。

アート・バーゼルの展示室と来場者
© Art Basel

スイスでは、年間を通じて、国境を越えてその魅力を伝える多くのイベントが開催されている。1月中旬には、世界最長のスキー滑降コースがあることで知られるラウバーホルン・スキーワールドカップがヴェンゲン(ベルン州)で開催される。1月末には、国家元首が経済界のリーダーやエキスパートと共にダボス(グラウビュンデン州)で集う世界経済フォーラムが開催される。

同じく1月には、ジュネーヴで国際時計見本市“ジュネーヴ・サロン”が行われ、バーゼルでも6月に大規模な国際時計宝飾見本市の“バーゼル・ワールド”が開かれる。6月、現代アートファンが“アート・バーゼル”を見るためにライン川沿いのバーゼルの町を訪れる。“アート・バーゼル”は、1970年にスタートし、現在では、マイアミと香港で同時開催されている。このアートフェアには、300のギャラリーが参加して、4000人以上のアーティストの作品を展示する。

8月、チューリヒでは、陸上競技大会“ヴェルトクラッセ・チューリヒ”が開催される。80年前に始まったこの競技大会では、25の世界新記録が生まれた。9月、ウィンタースポーツの地、クラン・モンタナでヨーロッパ全土で知られるゴルフトーナメントの“オメガ・ヨーロピアン・マスターズ”が開催される。

より詳しい情報