スイスの料理−統計デー

スイスにある多種多様な料理は、さまざまな地域の伝統によって作り出された。多くのスイス料理が農村文化に起源を発する。

いろいろな食料品
多様なスイス製品 © Patrimoine culinaire suisse, Ursula Sprecher

  • グリュエール(チーズ)、ロンジョール(ジュネーヴのソーセージ)、レッカリ(クッキー)など約400種類の料理が公式なスイスの食遺産として認定されている。
  • スイス人は、世界で一番チョコレートを食べる国民である。:年間一人当たり11kgのチョコレートを食べる。
  • スイスには、450種類以上のチーズがある。
  • スイスでは、一人当たり年間21.5kgのチーズが消費される。
  • スイスには、1680軒以上のパン屋がある。
  • 地域特産のさまざまなソーゼージや干し肉がある。:ジュネーヴのロンジョール、ヴォーのソーセージ、ザンクトガレンの焼きソーセージ、ジュラ州の羊の血のソーセージ、グラウビュンデンの干し肉(ビュンドナーフライッシュ)、ティチーノのレーバーのモルタデッラなど。
  • 約200品種のブドウがあり、そのうちの40種類が地域固定種である。
  • ヴァリス州は、スイスの主要なワインの産地である。ヴァリス州には、50種類以上の品種のぶどうがある。
  • さまざまな植物から作られた“アプサン”という蒸留酒は、1908年から国民投票で可決され禁止となったが、2005年からふたたび作ることが許可されるようになった。
  • 多くの家庭料理でクノール社が1952年に開発した“アロマット”という粉末調味料が使われている。マギーの固形スープの素は、1908年から広く使われている。
  • 1931年に発売されたビール酵母、人参、玉ねぎで作られたパンに塗るペースト“セノヴィ”と1942年に発売された“パフェ”は、広く愛されている。
  • “オヴォマティーネ”は、1865年に発売された大麦麦芽、乳脂を取り除いた牛乳、カカオで作られ牛乳に溶かして飲むチョコレートドリンクである。
  • “リヴェラ”は、乳清を主原料に作られた清涼飲料で、1950年代に市場に登場した。
  • 13種類のハーブで作られたキャンディ“リコラ”は、1940年に発売された。

より詳しい情報