政党

スイスには、全国で根をおろし、議員を連邦議会に送り込む政党がある一方で、地域に活動拠点をしぼっている政党もある。大政党からは、連邦内閣(政府)のメンバーが選出されている。

国民議会ホール
国民議会ホール © The Swiss Parliament

4大政党には、実質的にすべての州を代表する議員がおり、少なくとも1人が内閣閣僚となっている。これは、国民党(SVP)、社会民主党(SP)、キリスト教民主党(CVP)、急進民主党(FDP)ら、右、左、中道の党が共にメンバーとなる合議制民主主義のシステムに従って成り立っている。人民民主党(BDP)は、国民党から離脱した党員によって結党された。 

その他の政党は、連邦内閣に議席はないが、連邦議会に議員を送り込んでいる。スイス緑の党、緑の自由党、スイス保守民主党、ティチーノ連盟、スイス福音国民党、キリスト教社会党、ジュネーヴ市民運動などがある。

政治的な環境の移り変わり

過去20年間の政治的環境は、農民の支持を背景に持つ保守党であり、他の伝統的な右寄り政党の議席を奪った国民党の飛躍に特徴づけられる。国民党は、1995年に行われた連邦レベルの選挙と比較すると、近々の2015年の連邦議会選挙で急進民主党が12議席、キリスト教民主党が10議席を失う一方で、36議席増やした。 

同じく緑の党(1995年8議席から2015年12議席)、緑の自由党(1995年0議席から2015年7議席)も大きく議席数を伸ばした。2008年に結党した人民民主党は、この間、連邦議会で8議席以上を獲得し、近年、州議会、市町村議会でも議席数を伸ばしている。

政党の資金調達

政党は、主に党員からの負担金や寄付によって運営されている。連邦レベルでは、政党の帳簿と寄付金の公開は、義務づけられていない。しかし、ジュネーヴ州、ヌーシャテル州、ティチーノ州では、規定に沿って公開されている。