スイスの政治システム−統計データ

スイスの政治システムは、連邦制と直接民主制が示すように、国民の行動の自由に大きな価値が置かれている。首都(連邦首都)は、ベルンである。

連邦議会議事堂の前の噴水のある広場
ベルンのブンデス広場 © The Swiss Parliament

.スイスには、一般的な意味での首都はない。かつて、スイスの連邦政府が置かれる場所として選ばれたベルンが、事実上、首都の役割を担い《連邦首都》と呼ばれるようになった。

スイスには、3つの行政レベルがある。連邦、26の州、2250以上ある市町村が権限を分配している。

スイスの連邦政府(連邦内閣)は、議会から選出された7名の閣僚で構成されている。

スイスの議会(連邦議会)は、国民から選ばれた246名の議員からなる。連邦議会は、二院制である。:国民議会は200名の議員、全州議会は46名の議員からなる。

スイスの連邦議会には、15の政党から議員が送り込まれている。当選した議員の多い党が連邦内閣へ入閣する。

約530万人の国民、全国民の約63%が連邦レベルの選挙権を持つ。選挙権は、スイス国籍を所有する18歳(成年)以上のすべての住民に与えられている。