気候

スイスには、4つの変化に富んだ四季があり、地形や高低差が第一の理由となり、地域により気候の変化は大きい。

秋のゲスゲンを流れるアーレ川
秋のゲスゲン付近を流れるアーレ川(ソロトゥルン州) © astrogator / flickr.com

ヨーロッパの中心に位置することからスイスには、複数の大きな気候帯が交差している。大西洋近くからの湿った空気がアルプス山脈に向かって運ばれ、スイスのほとんどの気候に特徴を与えている。夏冬を通して、西風が程よい気候をもたらせ、1年を通して雨を降らせる。

地形と高低差によりスイスには、数多くの微気象が生じている。場所や季節によって、シベリアやまるで地中海を思わせるような気候が生じている。

気温

気温は、標高によって大きな違いがある。中部平原の平均気温は、1月が1℃、7月が17℃である。ティチーノ州の平均気温は、通常、中部平原より2℃から3℃高い。標高1500mの平均気温は、1月がマイナス5℃、7月が11℃で、主として冬には雪より雨が降る。降雪のある最も標高の低い地域は、西部(ジュネーヴとその周辺)と北東部(バーゼルとその周辺)で、ティチーノ州最南には、ほとんど降らない。

アルプスの気候

アルプス山脈は、スイスの南部と北部を遮る気候の壁のような作用を持つ。アルプスには、数多くの複雑な微気候が生じ、特にグランビュンデンやヴァリスの谷は、乾燥している。その他、スイスの特徴的な気候は、フェーン(特にアルプスから吹き降ろす乾燥した風)である。垂直に切り立つアルプスに吹く風が秋から春にかけての気候をマイルドで乾いたものにする。

温暖化

1990年代初め、スイスの気温は、それまでの平均値を超えた。1864年以降に記録された高い気温は、すべて2000年以降のものである。現在までで最も気温が高かったのは、2015年である。

スイスは、温暖化を阻止する国際的な働きに貢献している。CO2の排出に関する法律には、2020年までに温室効果ガスを1990年の数値から少なくとも20%削減する目標が掲げられている。