リサイクル

スイス人は、ごみのリサイクル(再利用)に関して世界トップクラスである。

洗浄されたリサイクルボトル
ガラスのリサイクル、Vetropack社 © FDFA, Presence Switzerland

スイスは、ごみを効果的に統制するための高性能なインフラ設備と数多くの法的規定がある。政府は、さまざまな形で特にリサイクルに関する啓蒙キャンペーンを推進している。

2015年、93%のガラス瓶、91%のアルミ缶、83%のペットボトル、67%の電池がリサイクルのために回収された。再利用の目的で回収される家庭ごみの半分以上が古紙であり、国民一人当たり年間152kgの古紙が回収されている。生ごみの排出量は、年間130トンで、そのうち約30万トンが個人によって堆肥にされている。

冷蔵庫、CDやDVD、木材ごみ、廃油、家電製品、医療廃棄物、化学製品、衣服や靴がリサイクル目的で回収されている。