金融市場政策

安定し、機能的で競争力のある金融業界は、スイスの国民経済を支える柱である。この行為能力のある分野に最適な枠組みを設けることが国の課題である。

株式相場を映す電子掲示板。.
スイスは、税の取り扱いなどに関する国際基準を作り、高品質なサービスを提供するための合法的、および調整的な前提条件を整備している。 © PRS

スイスは、金融業界の課題に対処するために実用的で、しかも野心的な目標を設定している。スイスは、国内外の顧客が高品質で幅広いサービスが受けれるよう金融市場の枠組みを作っている。

さらに、スイスは、税金の取り扱い、資金洗浄やテロリストへの資金調達の排除、金融市場の安定性に関して国際基準への転換を図り、金融業界が高品質な商品やサービスの提供ができ、革新的でいられるよう合法的、調整的な条件を整備している。それにより、金融国スイスは、国際的に認知され、より高い評価を得ることとなる。

スイスの金融市場政策の3つの柱:

  1. 品質
    スイスの金融は、国際的な競争力を持っている。法的、および制度的に適切な環境があることで、国内外の顧客に質の高いサービスを提供することができる。
  2. 安定性
    金融システムは、全体的に安定している。それぞれの金融機(特に主要な金融機関)には耐性力がある。
  3. 不可侵性
    顧客の保護と並んで、規則違反や悪用に徹底した対処を行うことは、重要なことである。システム機能が改善され、スイスの金融業界への信頼を強固なものにする。 

スイスは、世界をリードする金融国として業界を守り、その役割をより強固なものにしていかなければならない。連邦内閣は、『金融国スイスの世界競争力を高めるための金融市場政策』として報告書をまとめている。