グローバル・スタンダード

世界経済恐慌以後、国際環境は根本的に変わった。スイスの金融業界の枠組みは、過去数年の間に国際情勢の変化に合わせて調整された。国際基準への転換は、国際的な審議会にて策定される。

様々な国の国旗がついた、たくさんの支柱
スイスは、金融や税に関する新基準を立案し、国際的な改革を行っている。 © PRS

スイスは、優れた国際金融国として、世界的な検討課題を分かち合い、協議により取り決められた金融市場改革を行っている。これにより、金融の安定は強化され、金融国スイスの信頼性が裏付けられる。 

世界経済恐慌後に変化した環境 

2007年にアメリカのサブプライム層で起きた不動産恐慌から始まった世界経済恐慌以降、国際的な環境は根本的に変化した。スイスの金融業界の枠組みは、過去数年間の間に国際情勢の変化に合わせて調整された。加えてスイスは、金融、および税に関する新基準作りを積極的に行っている。

特に、銀行の資本、および、流動資本に関する調整が行われた。さらにスイスは、金融市場のインフラ、デリバティブ取引、資金洗浄撲滅に関する立法の包括的な修正を行った。スイスの保険業界は、EUと共に調整を行った債務免除を世界をリードして、以前からすでに取り入れていた。 

自動的な情報交換 

すでに国際基準であった税に関する金融情報の自動的な交換は、スイスの金融業界における国外の顧客との取引に根本的な変化を与えた。銀行口座の情報を各国間で自動的に交換するための条約が2017年1月1日に発行された。これにより2018年には選定された締結国36か国との間で最初の金融情報交換が行われた。今後数年以内に他国も追随するだろう。 

国際的な基準への転換 

経済協力開発機構(OECD)、グローバル・フォーラム、金融活動作業部会(FATF)、金融安定理事会(FSB)などの権限を有した国際的な審議会がピアレビューや国際審査の枠内で、関連の国際基準がどのように実施されているか策定する。スイスは、すべての国が同じ基準に従っているのか、また、国際的な審査においてスイスが高い評価を得られるかどうかに強い関心を持っている。

将来的にもスイスは、国際的に認められ基準に適合した金融市場政策を行っていく予定である。