金融部門における持続可能性

金融セクターにおけるサステナビリティは次第にその重要度を増している。スイス国内外において、金融関係者は環境や社会に対する影響を考慮した融資や投資の決定を行うよう、さらなる努力を重ねている。

金融部門における持続可能性を高めるべく、スイスは国内外で取り組みを続けている。
金融部門における持続可能性を高めるべく、スイスは国内外で取り組みを続けている。 © FDFA, Presence Switzerland

国連は持続可能な開発目標(SDGs)を採択し、パリ協定もまた世界のあらゆる国々の将来的発展のためのフレームワークを確立した。サステナビリティとは、環境だけではなく社会活動領域やコーポレート・ガバナンスも含む広い概念である。企業が投資方針を打ち出す際には、徐々にサステナビリティを考慮するようになっている。また、政策責任者や財界首脳は持続可能な資金調達問題をさらに追及すべく、国内外にタスクフォースと研究グループを設置した。例えば、2016年にはG20がサステナブルファイナンス・スタディグループを立ち上げ、スイスもそれに参加している。国際通貨基金(IMF)および金融安定理事会(FSB)は、気候変動が金融市場の安定にどのような影響を与えるかを分析する。 

スイスは関係する国際金融機関の活動に積極的に関与しており、国内では持続可能な経済を促進するためのプロジェクトを立ち上げた。その中にはスイスの保険会社や年金基金のポートフォリオの気候適合性に関する研究も含まれる。州が仲介役・調整役を務めるのに対し、企業団体や環境団体は金融市場の持続可能な運営管理のための戦略や措置を展開している。 

環境に関する専門知識や高い品質意識、そして幅広い専門知識を有する強力な金融部門を兼ね備えたスイスは、すでに持続可能な投資を増やす体制を整えている。