社会−統計データ

スイスの住民は、充実した社会保障を享受している。スイスの失業率は、ヨーロッパの中で最も低い。

心臓手術
心臓手術の様子(ベルン、インゼル病院) © FDFA, Presence Switzerland

  • 強制健康保険の保険料は、州によってその違いが大きい。また、バーゼル・シュタット準州の同等の業務を行う警察官1人にかかるコストは、アッペンツェル・インナーローデン準州の1.8倍である。
  • 出産保険(出産・育児時の所得補償)は、連邦憲法に書かれた60年後の2005年になってようやく導入された。
  • スイスの健康制度にかかる費用は、世界で最も高額である。2014年には、スイスの国内総生産の11.7%が保険衛生制度に費やされており、OECD加盟国の平均9%を明らかに上回った。
  • スイスの国民一人当たりの保険衛生にかかる費用は、アメリカに次いで第2位である。
  • スイスの家庭は、平均、収入の14.8%を家賃、8.2%を交通費、5.7%を余暇/文化に支出している。
  • スイスは、失業率がヨーロッパで最も低い国の一つに数えられている。:2017年、国際労働機関によるとスイスの失業率は、3.3%だった。
  • スイスの就労者の総合労働時間は、年間約80億時間で、2014年の平均賃金は、月額6427フランだった。
  • 2015年、残業時間の合計は、約1億9500万時間を数えた。
  • 労働時間は、平均週41.7時間である。

より詳しい情報