化学、製薬

化学産業と製薬産業は、スイスの輸出産業にとって重要な分野である。

作業中の実験助手
フリブールにあるビフォーファーマ社 © FDFA, Presence Switzerland

化学産業と製薬産業は、国内総生産の4.8%を占め、機械産業に続く、スイスを代表する輸出産業である。年間約850億フランを国外向けに販売し、その額は、スイスの総輸出額の約42%を占めている。現在、スイスの化学産業と製薬産業には、国内で7万7000人、国外で38万8000人以上が従事している。 

最初の化学・製薬工場は、19世紀に繊維産業のための染料製造から始まった。その後、血清、ワクチン、薬などの高い付加価値をもつ製品の製造に集中していった。1990年代の経済恐慌と抜本的な構造改革の後、製薬産業は2000年以降大きく成長した。この分野における輸出額は、1990年の80億フランから2015年の710億フランにまで増加した。


 プレイヤー 

ノバルティス、ロシュ、メルクセローノ、シンジェンタ、フィルメニッヒ、ジボダンなど幾つかの大きな化学・製薬会社がこの産業を支配している。しかし、これらの産業に従事する人々の約半分が中小企業で働いている。この分野には約1000社のアクティブな企業があり、それらはバーゼル、チューリヒ、ツーク、レマン湖周辺の地域に集中している。
 

より詳しい情報