インターネットと新技術

スイスには、トップクラスのインターネットインフラが整備されている。スイスは、サイバー経済に影響を与えており、また、その利用にも長けている。

チューリヒにあるGoogle社屋の入り口
チューリヒにあるGoogleオフィス © EDA, Präsenz Schweiz

国際比較において、スイスには高い技術のインターネットインフラが整備されている。大学は、その分野の技術革新を促進し、その成果に貢献している。

スイスには、Googleがチューリヒに拠点を置くなど、多くのインターネットの大家が存在する。ジュネーヴでは、国際電気通信連合などの国際機関がインターネットの管理と運営に従事している。また、国外のインターネット関連のプレイヤーは、スイスの政治的安定とデーターセンターにおけるサーバー運営のための安定的で安価な電力供給を賞賛している。スイスには大企業のデータセンターに加えて、サーバーハウジングのための計算機センターが58ある。

EエコノミーとEガバメント

政府は、情報コミュニケーション技術の重要性と経済的な可能性に対する認識に沿った戦略を2012年に更新した。特に重点を置いたのは、新技術の分野における起業と職場作りを促進する“Eエコノミー”と行政の流れをデジタル化により簡素化し、それによる作業の軽減を目標とした“Eガバメント”である。