研究開発

スイスは、国際比較において研究開発に最も多く投資している国に含まれている。

作業中の実験助手
ビューラーAG社の機械製造(ウツヴィル) © Hanspeter Baertschi

スイスでは、国内総生産の3%に値する年間約160億フランが研究開発に投資されている。国際比較では、世界の6番目に位置している。

スイスの大学と連邦工科大学は、基礎研究に力を注いでいる。一方、高等専門学校と民間企業は、応用研究と経済界からの要請に応じた研究開発を行っている。

スイスの研究開発では、民間企業が重要な役割を果たしている。2012年、民間企業は、128億フラン(国内総生産の2.2%)を研究開発に投資した。そのうちの4分の3が医薬、および、化学産業(34%)、金属工業(16%)、研究所(14%)、新技術(11%)の分野における伝来の重要な研究に注ぎ込まれた。