概要

本で埋められた棚
教育は、イノベーションの原動力であり、スイスでは《重要な原料》と考えられている。 © Pixabay

スイスの教育制度は、3つの段階に分けられており、学生は、基本的に理想的な2つの方法を選ぶことができる。1つは多くの国同様、学校での理論学習である。もう一方は、実技教育であり、直接的に専門資格を得ることができる。

教育制度は、初等、中等、高等の3段階に分けられている。義務教育は、初等教育課程と中等教育課程前期である。義務教育は、通常15歳までで修了する。

中等教育課程後期は、いわゆる中等教育課程IIにあたり、職業基礎教育、または一般教養学校がある。職業基礎教育は、デュアルシステムと呼ばれる制度で職業訓練校と研修先企業の両方で学ぶ。スイスでは、全体の3分の2の子供たちがこの道を選択している。その他の3分の1の子供たちは、ギムナジウム、または、中等専門学校に進学し、高等教育課程への進学に備える。

スイスの教育制度の高等教育課程にあたるのが高等職業教育や高等教育機関である。高等職業教育は、直接的に仕事を学んだり、さらに専門的に学ぶための熟練した専門家教育への道を準備したりする。専門大学、教員養成校、連邦工科大学、大学では、多様な学問を提供している。

スイスでは、教育は主に州が管轄しており、2009年には州間の学校制度が統一された。全国的な調和は図ったものの、教育制度は各州によって違う。国と市町村は、州が解決できない課題を引き受けている。スイスの教育制度は、連邦制による国の構造を反映していると言える。

教育 – 統計データ

44%以上のスイス国民が高等教育を修了している。融通性と多様性が教育制度の基本となっている。

義務教育学校

子供たちは、4歳になると義務教育の入り口である幼稚園に通い始める。初等教育過程と中等教育過程前期にあたる義務教育期間は、11年間である。

一般教養学校

ギムナジウム、中等専門学校は、大学やその他の高等教育機関、高等職業教育を目指す学生のための一般教養学校である。

職業基礎教育

デュアルシステムは、職業訓練校と実習先企業の2つの場所で学ぶことを意味する。実社会のニーズに合ったスペシャリストを育てている。

高等教育機関

スイスの大学は、バチェラー、マスター、ドクター(学士、修士、博士)などの国際的な学位を採用している。

高等職業教育

スイスの特殊性 – 職業人のための専門教育と継続教育