高等教育

スイスの高等教育は、大学、連邦工科大学、高等専門学校、教員養成学校など包括的で多様な学びの場を提供している。

図書館にいる大学生
ロレックス研修センター、ローザンヌ連邦工科大学の図書館 © FDFA, Presence Switzerland

高等教育は、バチェラー(学士に相当)、マスター(修士に相当)、博士課程(PhD、大学にて)という3段階の国際規準に即して行われている。すべての高等教育は共通して、職業訓練と比べると教育と並んで研究や再教育にも赴きが置かれており、一般に向けたサービスも提供されている。

年間約4万4000のディプローム(大学で所定の課程を修了した学位)と博士号が交付されている。(3分の2が大学、3分の1が高等専門学校)

大学

大学は、伝統的でアカデミックな高等教育機関である。スイスの大学には、州立大学10校と連邦工科大学2校がある。入学には、基本的にギムナジウムの卒業資格が必要である。博士号課程とPhDプログラムは、大学課程を修了した者に限って専攻できる。

高等専門学校

高等専門学校は、1990年代の半ばに創設された。高等専門学校は、職業に的をしぼった専門教育を通して高等教育を広め、学問をベースとして、実技に趣をおいた教育を提供している。入学には、原則的に連邦職業資格を必要とする。

教員養成学校

14校ある教員養成学校は、教員のための教育、および、再教育を管轄している。教員養成学校は、分類上、高等専門学校に含まれるが、運営のされ方は異なる。入学は、ギムナジウムの卒業資格を必要とする。

より詳しい情報