職業教育

職業教育は、若者に仕事の世界へのステップを可能にし、若き後継者たちに特定の資格を必要とする専門力、指導力を指導している。職業教育は、労働市場に適合しており、教育システムの一端を担っている。

グレンヒェンの時計工場 © FDFA, Presence Switzerland

スイスの職業教育の特徴は、労働市場に適合しているということである。職業教育は、実際に需要のある職業資格や現実に存在する職場に対応する形で行われている。このように労働市場と職業教育が直接的に関連していることで、スイスの若者の失業率が他国と比較して低いことにつながっている。

職業教育は、教育システムの一端であり、中等教育後期と高等教育にあたる。職業教育は、途中で自由に変更可能な制度である。仕事をしながら再教育を受けたり、転職をすることは可能である。

スイスでは、約3分の2の若者が義務教育後に職業基礎教育課程に進学する。多種多様な職業教育は、デュアルシステム(教育と職業訓練を同時に行うシステム)で行われている。学生は、週のうち3、4日、研修先の職場で働きながら実践で仕事を学び、それ以外の時間に理論を学ぶために職業訓練校に通う。

スイスには、公式に認定されている職業基礎教育が約250種類ある。経営、商業、健康関係、看護、電気技師、調理、情報処理が人気のある職業である。職業教育の期間は、職業によって2年から4年である。学生は、職業資格試験に合格すると連邦技能資格、または、連邦職業証明書が取得できる。これらの資格は、スイス全国で承認されている。

職業基礎教育は、高等職業教育と連結している。高等職業教育は、特定の職業資格を提供し、指導的で専門的な職業のための準備をするものである。約400種類の職業資格や専門資格、8分野における57種類の専門教育課程が高等専門学校にはある。職業基礎課程で職業資格を取得することで入学試験免除で高等専門学校への入学が可能である。