チーズ伝説:恵みのチーズ

むかしむかし、ウンターシェッヒェンに山でカモシカを獲ることしか興味のない仕事熱心な熟練の猟師がいた。

ある日、猟師がいつものように銃を持って出かけようとした時、小柄な老人が行く手に座っていた。

「私の山羊をなぜ殺すのだ?」老人は尋ねた。

「私には妻と子供がいる。」猟師は答えた。「そうしなければ生きていけないだろう?」

「よろしい。」老人は言い、「取引をしよう。お前にこのチーズを渡す。このチーズを毎日少しずつ残して食べるのだ。そうすれば、お前とお前の家族はこれから先食べ物に困ることはないだろう。ただし、二度と私の山羊たちを殺さないと約束するのだ。」

猟師は承諾して、老人から小さなチーズを受け取った。

「いいか、もう二度と私の動物たちを手にかけてはならない。さもないとお前にひどいことが起こるのだぞ!」老人は、姿を消す前に再び警告した。

猟師は、チーズを家に持ち帰り、老人に言われた通りにした。チーズは、けっして大きくはなかったけれど、猟師とその家族は満腹になり、すべてを食べきらずに残した。次の日、チーズは再び前日と同じ大きさに戻っていた。

そのようにして1年が過ぎ、猟師の家族は毎日お腹を満たしていた。

時が過ぎ、猟師は再び狩りに出たくなった。彼は、山を見つめ、使われずに壁にかかった銃を眺め、昔に思いを馳せていた。妻に「もう十分だ。今日、チーズを食べきってしまおう!」しかし、子供の一人がチーズの小さなかけらを床に落としてしまい、次の日には、再びチーズが机の上にのっていた。

そこで、彼は、友人を家に呼び、チーズをすべて食べきってしまった。翌日、猟師は銃を取り、山へと向かった。山道を上へ上へと登り、頭上の岩壁で雪のように白いカモシカを見つけた。狙いを定め引き金を引こうとした瞬間、先の老人が現れ、猟師の背中に飛び乗り、岩盤の割れ目深くに猟師を引きずり込んでいった。