時代

起源から古代ローマまで

現在スイスがある場所の人類の最初の入植域は、気候と地形の影響を受けて定められた。

中世初期と中期

古代ローマ帝国支配に続く紀元後500年から1000年にかけての時期全般を中世初期という。

中世後期

19世紀末以降、1291年に結ばれた誓約がスイス連邦誕生の出発点とみなされている。

宗教革命

16世紀初頭、西ヨーロッパでは宗教革命によりキリスト教会が2つに分裂した。

17世紀

17世紀には、宗教革命による緊張感がスイス盟約者団を取り巻いていたが、ドライ・ビュンデン(現在のグラウビュンデン)を除いて、30年戦争(1618年~1648年)への参戦を回避することができた。

18世紀

18世紀は、1712年にフィルメルゲン戦争が終結し、次第に宗教的な対立が治まる中で外交的に平和な時代だったが、州間では、権力を独占する一部の州にいくつかの州が抵抗をしていた。

フランスの支配下

フランス革命とそれに続くナポレオン戦争は、ヨーロッパの姿を変えた。スイスもこの変化に抗うことはできなかった。

連邦国家への道(1815年~1848年)

1815年、ナポレオン戦争の後にヨーロッパの強国間の関係は、革命前の関係に一部復元された。

19世紀の連邦国家

連邦国家が成立し、内政、外交共に状況は安定していた。

第二次世界大戦中のスイス(1914年~1945年)

スイスは、20世紀前半に2つの世界大戦を経験しただけでなく、スイスには、2つの大戦の間にも経済恐慌と大きな政治不安がもたらされた。

冷戦時代のスイス(1945〜1989)

戦後になり、内政では社会民主党が入閣し、合議制政府が成立した。