19世紀の連邦国家

アンリ・デュナンの胸像
アンリ・デュナンの胸像(1828年〜1910年) © Lucignolobrescia

連邦国家が成立し、内政、外交共に状況は安定していた。1874年の憲法改正により連邦にはさらなる権限が与えられ、1874年に任意のレフェレンダム、1891年には、連邦憲法改正のための国民イニシアティヴなど、直接民主制度も拡張された。同じく、1891年には分離同盟戦争の敗者であるカトリック保守派が内閣で初の1議席を獲得した。

新たな権限を手にした連邦国家は、スイス経済を支える柱となるさまざまな工業、サービス業(鉄道建設、機械・金属業、化学、食品産業、銀行)の発展に優位となる条件を整えた。
 
経済が発展する一方、19世紀は多くの国民にとって厳しい時代だった。貧困や飢餓、過酷な労働環境により多くのスイス人が北米や南米などの国外へと移住した。スイスの工業地帯には農村や外国からの労働者が次々と移り住み、その多くは厳しい生活を送っていた。

Switzerland in the 19th century (PDF, Pages 5, 137.9 kB, 英語 )