第二次世界大戦中のスイス(1914年~1945年)

第二次世界大戦の終戦を公示するポスターのオリジナル写真
第二次世界大戦の終戦が告げられたスイス © Ringier

スイスは、20世紀前半に2つの世界大戦を経験しただけでなく、スイスには、2つの大戦の間にも経済恐慌と大きな政治不安がもたらされた。スイスは、2つの世界戦争に参戦はしなかったものの、他国で生じた政治的事件からきわめて大きな影響を受けた。
戦時中、経済的にスイスがいかに外国との貿易に依存しているかが明らかになり、1929年におきた世界恐慌は、長い間この国を停滞させた。 

内政では、保守派と左翼の対立があり、特に1918年のゼネストの後は緊張状態にあった。1930年代になり、列強からの脅威が強まると国内における政治権力の対立は弱まった。1943年、社会民主党のエルンスト・ノブスの入閣によりスイスは、国民の団結に熱狂した。

Switzerland during the war years (1914–1945) (PDF, Pages 6, 200.8 kB, 英語 )