1989年以降のスイス

旧軍事要塞の中にあるモダンな造りのホテルバー
現在、ホテルとミーティング施設“ラ・クラウストラ”に生まれ変わったとゴッタルド峠の旧軍事要塞サン・カルロ © F. J. Meier

冷戦が終わり、グローバル化が進む中で、外交や経済の枠組みは、急速に持続可能なものへと変化していった。スイスの経済は、柔軟に重点をサービス産業に移し、世界的な不景気や経済恐慌(1991、2001、2008年)の後にも世界で強靭な地位を保持することができた。

外交では、超国家的な規定や組織の持つ重要性が急速に増していった。特にスイスを取り巻く環境においては、1992年から欧州連合(EU、前身はEC)が次々と拡充されていき、12カ国から始まったEUには、現在、28カ国が加盟している。

このような状況の中、スイスは、厳格な中立政策を慎重に緩め、幾つかの国際組織に加盟したものの、特にEUとは距離を取り続けている。ヨーロッパの政策への反発が21世紀の初めに圧倒的な支持を集めた政党であるスイス国民党を急速に台頭させた。この現象は、“魔法の法則(マジック・フォーミュラー)”による合議制を困難なものにしている。

Switzerland since 1989 (PDF, 21.9 kB, 英語 )