パン

スイスには、200種類以上のパンがあり、クッキーもよく知られている。

いくつかのパン
© AOP / IPG

スイスのパン作りには、長い伝統がある。さまざまな種類のパンが地域ごとの特別な好みを表している。:ドイツ語圏では、主に黒パン、フランス語圏とティチーノ州では、白パンが食べられている。黒いパンが健康に良いという理由から、全体としては、白いパンより黒いパンが好まれている。

各州にそれぞれの伝統的なパンがある。例えば、グラウビュンデン州には、小麦とライ麦で作られたリング状の黒パンがある。ジュラ州のパンには、州の紋章が装飾されている。ティチーノ州のパンは、製粉した白い小麦粉で作られ、いくつもの小さなパンを組み合わして成形されている。ヴァリス州のライ麦パンは、現在までのところ唯一、AOP(産地特定保護)に登録されているパンである。祭事のための特別なパンとしては、フリブール州の“キルビ(移動式の遊園地)”で売られるサフラン入りブリオッシュ“クショール”が挙げられる。

クッキー

例えば、小麦粉、蜂蜜、砂糖、フルーツピール、ナッツで作った焼き菓子“レッカリー”、ロール状にしたワッフル生地にフィリングをした菓子“ヒュッペン”、同じくワッフル生地の“オフレテン”など、幅広いバリエーションの菓子がある。“レブクーヘン”、“ビベリー(アーモンドのフィリングが入った焼き菓子)”、“グリティベンツ(イースト入りの生地で作った人形の菓子)”など多くの特産菓子は、聖ニコラスやクリスマスと関連した菓子である。

より詳しい情報