外交

スイスは、欧州連合、とりわけ隣国との親密な関係を大切にしている。

 

ポーランド外相グジェゴシュ・スヘティナと握手を交わして挨拶をするディディエ・ビュルカルテ
ポーランド外相グジェゴシュ・スヘティナと握手を交わして挨拶をするディディエ・ビュルカルテ © FDFA, Presence Switzerland

外交は、スイスの自主独立性、経済的な豊かさ、安全など、国益の確保に役立っている。また、外交によりスイスの価値が高まらなければならない。:人権問題、民主主義、平和、困窮と貧困の緩和、環境保護など。 

スイスに武装紛争への参加や軍事同盟などを禁止する中立は、スイス外交の重要な柱である。中立は、国際都市ジュネーヴ、人道主義の伝統、スイスが果たす紛争地における仲裁国という役割の基盤となっている。 

欧州連合(EU)に加盟せず、しかし、ヨーロッパの中央に位置している国としてスイスは、隣国との関係に特別な注意を向けている。EUとの関係は、1999年と2004年に締結した二国間協定に定められている。 

外交政策の重点(2016年〜2019年) 

2016年、連邦政府は、スイスの外交政策2016−2019年を可決した。 

  1. 欧州連合とヨーロッパ自由貿易連合、その加盟国:スイスとEUおよび、      ヨーロッパ自由貿易連合の加盟国との関係は、特に隣国を尊重した強固なものとなるべきである。拡張可能なEUとの協定は、確実なものになっている。EUとの良好な関係は、多くの政治的な協働、経済、および安全性の確保において必要条件である。
  2. グローバルなパートナー:スイスがEU、NATO、G20のメンバーでないことや世界における権力の移行を鑑みて、グローバルなパートナー国との関係を深めることは、スイスの影響力を保持し、具体的な問題を解決する上で重要である。さらに、スイスは、地域組織も政治的、経済的に重要であると考え、それらへの関与も深めている。 
  3. 平和と安全:輸出に依存した経済によって激しくグローバル化したスイスの安全と経済的な豊かさは、安定した環境と公正な国際秩序によって支えられている。そのため、スイスは、危機や紛争地における和解調停に貢献するなど、包括的で創造的な関与が不可欠であると考える。
  4. 持続可能な発展と豊かさ:持続的な発展のための世界的な目標(アジェンダ2030)は、スイスが行う国際協力の要素の一つとなる。テーマは、スイスが付加価値を発揮できるものに重点が置かれている。例えば、職業教育、自治体の育成、人道的支援、開発協力や移行支援における経済、および、貿易政策、平和振興と人的安全のための対策である。スイスは、経済的な豊かさを保持するために規定や基準の整備に国際的な影響を与えており、同時に、経済、科学、研究の分野も広く振興している。

より詳しい情報