スイスと世界−統計データ

スイスは、活発に外交を行っている。:隣国や欧州連合(EU)との関係を強化し、ヨーロッパや世界の安定のために尽力する。加えて、スイスは、戦略的なパートナーシップや多国間関与を強化し、広めている。

ジュネーヴにある国連の建物と加盟国の旗
国際連合ジュネーヴ事務局 © FDFA, Presence Switzerland

  • スイスは、約170を超える在外事務所(大使館、外交代表団、総領事館、 協力事務所)と約200の非常勤事務局を持つ。
  • スイスは、8つの国際組織の加盟国となっている。
  • 2002年、スイスは、国際連合(UNO)の加盟国となった。
  • スイスとEU間の関係は、二国間協定が基盤となっている。:第一次二国間協定(1999年)、第二次二国間協定(2004年)
  • 2015年、スイスの国内総生産の0.52%が開発援助に使われた。最も多くの開発費が使われてたのが、コソボ(6500万フラン)、ネパール(4150万フラン)、シリア(3520万フラン)、モザンビーク(3400万フラン)である。
  • スイス人道援助団(SKH)は、2015年のネパール地震、2013年にフィリピンで起きた台風(ハイエン)、2011年に日本で起きた津波、2010年のハイチ地震の際に活動を行った。
  • 1953年以来、スイスから送られた数人の偵察員が韓国と北朝鮮間の境界線において60年以上前に取り決めた両国の停戦協定が遵守されているかを監視している。
  • ジュネーヴには、2万7000人以上の国際組織に従事する職員がいる。
  • スイスは、利益保護国としての任務の枠内で、現在までに35カ国の外交的な利益代表を務めた。最も有名な事例は、1979/1980年のイランアメリカ大使館占領人質事件である。スイスは、イランにおけるアメリカの利益代表を引き続き務めている。
  • スイスは、長年、イランの核兵器問題の交渉に関与している。2015年、ジュネーヴでイランの核計画に関する協定が暫定的に合意された。
  • 国際都市ジュネーヴには、約350の非政府組織(NGO)、175の在外事務所、国際赤十字委員会などの多くの国際協力組織が置かれている。

より詳しい情報