連邦会議

スイスの議会は、二院制である。246名の議員は、国民に選出される。

連邦議会議事堂
連邦議会議事堂 © The Swiss Parliament

連邦議会は、連邦の立法機関である。連邦議会は、同等の権限を有しながらも別々に会議を開催する国民議会、全州議会の二院からなる。

国民議会

国民議会(大きな議院)は、国民を代表する。国民議会は、4年間の任期で選ばれた200名の議員からなる。選出される議員の数は、州の人口に比例する。人口約40万人対して1名の議員が国民議会に議席を持つ権利を有する。

人口が4万人に満たない州にも最低1議席が与えれることは憲法で保証されている。アッペンツェル・アウサーローデン、アッペンツェル・インナーローデン、オプヴァルデン、ニドヴァルデン、ウーリ、グラールス州からは、各1名ずつが国民議会に送られている。逆に州の人口が最も多いチューリヒ州からは、35名の議員が国民議会のあるベルンに送り込まれている。

全州議会

全州議会(小さな議院)は、州を代表する。全州議会は、4年間の任期で、同じく国民から選ばれた46名の議員からなる。人口とは関係なく、各州から2名ずつの議員が全州議会に送り込まれている。例外として、アッペンツェル・アウサーローデン、アッペンツェル・インナーローデン、オプヴァルデン、ニドヴァルデン、バーゼル・シュタット、バーゼル・ラントの6準州からは、1名ずつである。

全州議会の議員は、州を代表する議員であるが、州政府や州議会からのいかなる指示も取り扱わない。

権限と仕事のやり方

国民議会と全州議会は、年に4回、それぞれ3週間かけて会議を行う。両院で行う会議では、国民投票にかけられる以前の憲法改正について決議を行う。加えて、新しい法律を可決したり、既存の法律の改正や廃止を行う。また、国際条約の批准も行う。

少なくとも年1回、基本的に12月に両方の議院が共に会する合同連邦会議が開催され、主に連邦内閣の閣僚と連邦裁判所の裁判官を選出する選挙が行われる。

連邦議会は、ほとんどの議員が議員職と平行して別の職業を持っているため、兼業議会である。スイスの連邦議会の議員は、自身の就労時間の平均6割を議員職に費やしている。

より詳しい情報