直接民主制

直接民主制は、スイスの政治システムの特徴である。直接民主制は、国民が連邦政府の決定に意見し、憲法改正を提案することを可能にしている。

投票用紙の記入
投票用紙の記入 © FDFA, Presence Switzerland

スイスでは、国民に連邦レベルにおける政治的な決定に関して基本的な関与の権利を認めている。18歳以上のすべての国民は、投票権、選挙権を有している。年間約4回、約15項目に関する投票が行われる。過去数十年間の平均投票率は、40%を下回っている。 

投票権、選挙権に加えて、スイス国民は、直接民主制の核を成す3つの手段を通じて、要求を表す機会を持っている。イニシアティヴ、任意のレフェレンダム、強制のレフェレンダムである。

イニシアティヴ(国民発議権)

国民は、イニシアティヴにより憲法の改正や拡大を請求することができる。イニシアティヴは、明確に規定されたテーマに関する政治的論議を活発にしたり、新しいテーマを生み出す効果がある。イニシアティヴを有効にし、国民投票を実現するには、18ヶ月以内に集められた10万人の署名が必要である。当局は、反対提案を対比させることができる。

任意のレフェレンダム(任意的国民投票による法案の審議)

任意のレフェレンダムは、連邦会議で可決された法案を国民が国民投票により審議できるものである。法案公開後100日間以内に集められた5万人の署名により国民投票が行われる。

強制のレフェレンダム(義務的国民投票による法案の審議)

連邦議会によるすべての憲法改正では、強制のレフェレンダムにより国民の承認を得なければばらない。その他にも、国際組織への加盟の是非も強制のレフェレンダムが義務づけられている。