新型コロナウイルス (COVID-19):安全対策

Local news, 10.09.2021

沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県、北海道、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、広島県を対象に緊急事態宣言が発出されています。石川県、福島県、熊本県、香川県、鹿児島県、宮崎県、宮城県、岡山県を対象に「まん延防止等重点措置」が適用されています。全都道府県が新型コロナウイルスの感染状況に対応するため、対策を実施しています。各地方自治体の具体的な対策を確認し、必ずその指示に従ってください。

新型コロナウイルスに関する情報
新型コロナウイルスに関する情報 ©在日スイス大使館

沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県、北海道、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、広島県、石川県、福島県、熊本県、香川県、鹿児島県、宮崎県、宮城県、岡山県を対象とした緊急事態宣言および「まん延防止等重点措置」では次のような感染防止策が講じられています:外出・移動を極力自粛すること、飲食店の営業時間の短縮(20時まで)、テレワークの推奨、音楽・スポーツ・商業・イベント等施設、その他公共施設の使用制限。本宣言ならびに重点措置は9月30日までを期間としています。

日本全国を対象とした対策には次の項目が含まれます:手洗い、マスクの着用、常にソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を行うこと、可能な場合はテレワークや時差通勤を行うこと、公共交通機関の混雑時の利用を控えるとともに乗車中の大声での会話を避けること、密閉・密集・密接の状況を避けること、大規模なイベントを避けること。

在日スイス大使館は開館しており、日本の関係当局の指針に従い業務を行っています。

日本政府による「新しい生活様式の実践例」をご確認ください。