スイスへの旅行者

Local news, 21.06.2021

スイスに旅行する方への情報

日本からの旅行者には、2021年6月21日時点でスイスの一般的な入国条件が適用されます。詳細は以下のページをご覧ください。Visa entry to Switzerland

空路でスイスに入国する場合、以下の措置が適用されます。

  • PCR検査の陰性証明(英語の証明書)

空路でスイスに入国するすべての人は、PCR検査の結果が陰性であることを示す有効な証明書を提示しなければなりません。12歳未満の子供は検査が免除されます。証明書は英語で発行されたもので、到着時に72時間以上経過していてはいけません。有効な証明書がない場合、スイス行きの航空機への搭乗は拒否されます。スイス連邦外務省には、旅客の機内へのアクセスに関する事項を航空会社に指示する権限はありません。

例外措置については、スイス連邦公衆衛生局(FOPH)のウェブサイトに掲載されています。ただし、パンデミック対策については、各航空会社が独自のルールを設けています。そのため、利用する航空会社に事前に連絡し、例外規定や搭乗条件を確認することを強くお勧めします。

  • 連絡先の申告

航空機、船舶、バス、列車でスイスに入国するすべての人は、到着時にオンライン申告書への記入が必要です。この情報は、感染者の特定を容易にし、感染の連鎖を可能な限り早く断ち切るために役立ちます。詳細と申告書のダウンロードはこちらから:swissplf.admin.ch

  • 検疫

日本からスイスに入国する旅行者は、当面の間、検疫の必要はありません。ただし、これは随時変更される可能性があります。渡航前にFOPHの危険度の高い国家リストをご確認ください。

入国条件に関するその他の重要な情報は、スイス連邦移民局(SEM)およびスイス連邦公衆衛生局(FOPH)のウェブサイトに掲載されています。

その他の国はSEMの危険度の高い国家リストに掲載されている可能性があります。これらの国からの入国には、引き続き入国制限が適用されます。このリストは必要に応じて更新されます。そのため、SEMのウェブサイトで定期的に情報を確認することをお勧めします。

なお、在留許可を持つ外国人による特定の国からの日本への再入国は、当分の間、拒否されます。詳細は以下のウェブサイトを確認してください。

外務省 ー 新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について

ビザ申請の詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。Visa entry to Switzerland