文化

文化 − 統計データ

スイスには、ドイツ語、フランス語、イタリア語というヨーロッパの大きな言語圏が集まり、そこから豊かな文化が生まれている。特にスイスの地理的な位置によって、文化に関わる人々の目が外に向けられ、その作品からはしばしば外国からの影響がうかがえる。

文化政策

スイスの連邦制が多様な起源を持つバラエティ豊かなスタイルの文化を誕生させた。

建築

スイスは、建築の宝庫である。ル・コルビュジエ、マリオ・ボッタ、ヘルツォーク&ド・ムーロンは、最も注目されているスイスの建築家である。

デザイン

アーミーナイフ、活字書体の“ヘルベチカ”、スウォッチ時計は、スイスデザインの象徴である。これらスイスデザインの特徴は、真の機能性である。

絵画とオブジェ

スイスの絵画は、ロマン派の時代とバウハウスの時代にその痕跡を残した。スイスの絵画は、具象芸術の草分け的存在とされている。

彫刻

最も有名なスイス人彫刻家は、アルベルト・ジャコメッティとジャン・ティンゲリーである。

文学

スイスには、4つの国語すべてで多くの優れた文学作品がある。マックス・フリッシュ、フリードリッヒ・デュレマット、ジャン・ジャック・ルソーなどが代表的である。

映画

スイスの映画作品は、第一にドキュメント映画で優れた才能を発揮している。さらに『僕の名前はオイゲン』や『妹』など多くの劇映画も過去に大きな成功を収めた。

音楽

民族音楽は、特に農村地域で変わらずに広く愛好されている。一方で、音楽フェスティバルが大きな盛り上がりを見せるように現代的な音楽もスイスで重要な位置を占めている。スイス人の3人に2人が少なくとも年に一度は、コンサートや音楽の演奏会を訪れており、5人に1人は、何らかの楽器を演奏する。

ダンス

スイスにはとても多様な古典、および現代的なダンスシーンがある。

美術館

スイスには、約950のさまざまなスタイルの美術館がある。

ユネスコ世界遺産

スイスでは、ユングフラウ・アレッチ(アレッチ氷河)、先史時代の湖上住居遺跡群、グラウビュンデン州の息をのむ景色の2つの山岳鉄道など11カ所がユネスコ世界遺産に登録されている。

演劇

スイスのすべての言語圏において、まず、同じ言語を使う隣国に向けた活気ある演劇の伝統が育ってきた。