エネルギー

モン・クロザンの風力発電所
モン・クロザンの風力発電所 © Ringier

輸入と枯渇性エネルギーに頼っている現在のスイスのエネルギー消費を減らし、持続可能なものにしなければならない。これらを目標として掲げたエネルギー戦略2050が2011年、連邦議会で可決された。

スイスで最も主要なエネルギーは、石油と原子力や水力により作られた電気と天然ガスである。全エネルギー消費量の約8割が枯渇性エネルギーであり、輸入されたものである。輸入に頼らなければならない石油エネルギーへの依存を減らすためにスイスは、2011年にエネルギー転換政策を決めた。

新しいエネルギー戦略は、2050年までにエネルギー消費を大きく抑え、エネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を増大することである。原子力発電所は、発電所の耐用年数が終了する際に停止する予定である。

エネルギー−統計データ

スイスで使われている主要なエネルギーは、石油、そして、原子力、水力、天然ガスから作った電力である。地域暖房、地域バイオマス、風力、太陽エネルギーなどの再生可能エネルギーは、2005年当りから大きく増加している。

エネルギー政策

石油は、スイスの最も重要なエネルギー源である。政府は、2020年までに化石燃料の消費を20%削減し、再生可能エネルギーの割合を50%まで引き上げる目標を立てている。

エネルギー転換

スイスは、2050年までの達成を目指す野心的なエネルギー戦略を遂行している。エネルギー戦略の目標のひとつは、特に原子力エネルギーからの脱却である。

再生可能エネルギー

スイスでは、再生可能エネルギーがここ数年大きな重要性を持っている。水力発電は、その中で、圧倒的に大きな割合を占めている。

非再生可能エネルギー

エネルギー供給を国外に依存する非再生可能エネルギーがスイスのエネルギーミックスを支配している。