スイスの経済 – 概要

作業台にスイスのアーミーナイフが並んでいる様子。
スイスのアーミーナイフなど、スイスの製品やサービスは、品質や信頼性の高さで知られている。 © Präsenz Schweiz

スイスは、経済的に、特にサービス業において世界で最も競争力のある国のひとつである。スイスは比較的、負債が少ない国であり、州間などで税率の競争がある税制を採用している。特に中小企業の多いスイスの経済は、輸出に力を入れている。

スイスには、支出の抑制により、比較的、国家資金の負債額が少ない。これまで政府は、黒字を計上してきた。州によって税制が違うことからスイスは比較的、低い法人税率を可能にし、スイスにある企業を活性化している。これによりスイスには多くの多国籍企業が拠点を置いている。

スイス経済の大部分を占める中小企業は、輸出に力を入れており、スイスは長く貿易収支黒字を達成してきている。

経済−統計データ

スイスの経済は、世界でトップクラスの競争力を持つ。特に優れている分野は、サービス産業である。

公的資金

国際比較において、スイス政府の借金は少ない。公会計は、何年も前から黒字計上している。

税金

スイスは、個人と法人の税負担がヨーロッパの中で最も低い国のひとつに数えられている。

企業

中小企業は、ある意味スイス経済の背骨と言える。しかし、スイスには多くの多国籍企業もある。

輸出

資源の少ない、しかし、優れた労働力を抱えるスイスは、外国との密な交易関係を維持している。

研究開発

スイスは、国際比較において研究開発に最も多く投資している国に含まれている。