金融国スイス

スイスは、世界を主導し、最も国際競争力のある金融の中心地である。金融産業は、スイスの国民経済にとって重要な産業である。

チューリヒのパラデ広場。UBSとクレディスイスの建物がある。
金融は、銀行、保険業、年金共済からなり、スイスの国民経済を支える柱である。 © PRS

国際比較において、スイスは世界を主導し、最も国際競争力のある金融の中心地である。国境をこえて行われている資産管理の約4分の1がスイスで行われているため、スイスには多くの銀行や保険会社がある。チューリヒとジュネーヴが最も重要な国際的金融都市であり、ルガーノがそれに続く。金融産業は、スイス経済を支える柱であり、その生産高は、国民総生産のおおよそ1割を占めている。

スイスは、資金洗浄の撲滅やテロ資金源対策、金融市場の安定を図るなど、税の取り扱いに関するグローバルスタンダードへの転換を行なっている。同時にスイスは、金融に関する法的条件を整備し、質の高い商品やサービスを提供し、例えば、金融テクノロジー企業の市場参入を促進するなど、革新的であることに成功している。

銀行と保険業

資産管理の分野で世界の主導的な地位にある銀行は、金融サービス業の基本的な安定を保障している。

フィンテック

デジタル化が金融業界の新サービスを可能にする。

金融部門における持続可能性

スイスは環境や社会に対する影響を考慮した、責任ある資金調達と投資決定を支持している。

金融市場政策

スイスの金融市場政策は、高品質、安定性、不可侵性という3つの柱に支えられている。

グローバル・スタンダード

スイスは、金融や税に関する新基準を立案し、国際的な改革を行っている。