産業

バーゼルのライン河川港に停泊する船
バーゼルのライン川にある港は、スイスの物流の重要な拠点である。 © Wikimedia

スイスの就労者の大部分は、主に貿易や商取引、金融業、観光業などのサービス業に従事している。工業は、化学・製薬産業、機械・金属産業が主な産業であり、農業に従事する人は減少している。

スイスの就労者の大多数が貿易・商業、金融業などのサービス産業に従事している。また、銀行や保険業と並び、原料貿易も重要なボジションを占めている。さらに主な産業分野として、特にアルプス地方を中心とした観光業もスイス経済の鍵を握る産業である。

農業は、スイスの景観や慣習の根幹を形成していることから、観光業に大きな影響を与えている。農業人口は減少しているが、スイス国民の食糧の多くを供給している。

工業は、化学・製薬産業、機械・金属産業が主な分野で、輸出に力を入れている。工業で3番目に重要な産業は、品質の高さ、伝統、技術革新で世界的な評価を得ている時計産業である。

農業

農業は、スイス経済のごく一部を担う産業だが、観光産業や国の食糧安全保障のための重要な貢献をしている。

化学、製薬

化学産業と製薬産業は、スイスの輸出産業にとって重要な分野である。

機械、電気、金属産業

機械、電気、金属産業は、最も大きな雇用を作り出している産業であり、国内最大の輸出産業のひとつである。

時計産業

スイスの時計産業は、そのクオリティの高さから世界的に認められている。時計産業は、1970年代と1980年代に訪れた危機の後に新しい躍進を見せ、現在では、スイス経済の逸品のひとつとなっている。

観光産業

観光産業は、スイス経済にとって最も重要な分野のひとつである。観光産業には、スイスの総就労人口の約4%が従事している。

銀行と保険業

資産管理の分野で世界の主導的な地位にある銀行は、金融サービス業の基本的な安定を保障している。

原料取引

スイスは、原料取引に関して、世界で最も重要な拠点となる国のひとつである。特にジュネーブ、ツーク、ルガーノでは、石油、金属、鉱物、農作物などが取引されている。

小売業

スイスの小売業には、ミグロとコープという2つの大きなスーパーマーケットグループがある。

メディア

スイスには、多言語と多様な文化があるため、充実したメディアが存在する。