生物多様性

地形の多様性と気候のコントラストによりスイスには、豊かな生物の多様性がある。これら自然財産は、持続的に国によって保護されている。

河川の景色
スイス国立公園 © Switzerland Tourism

スイスには、約5万種類の植物、菌類、動物が存在し、そのうち3700種類が絶滅危惧種リストに記載されている。気候や地形の変化によって、スイスには豊かな種の多様性が存在する。生物多様性が最も豊かな地域は、アルプス地方と森林地帯である。

種の多様性の変動

一世紀の間にスイスの種の多様性は大きく変動し、19世紀中頃が最もその変動が大きかったと予想されている。種の数が増加すると、種が蔓延した他の地域からの侵入も増加し、ひいては、それぞれの生息場所に画一化と平凡化という悪影響が表れる。あらゆる保護対策を講じているにもかかわらず、スイスの生物多様性は脅かされており、生物多様性の維持は、長期的には保証されていない。

スイスの生物多様性のための戦い

スイスは、世界で最初に種の多様性の監視に尽力し始めた国のひとつである。依頼を受けた専門家が定期的にあらゆる国の動植物のリストを作成している。加えて、2012年、政府は、生物多様性の保護と援助のための戦略を立てた。

スイスは、1992年に国際連合の生物多様性条約を締結した。この国際協定は、動物、植物、その他の生命体の生物多様性の減少傾向を逆行させることを目的としている。

国立公園

スイスには、16の国立公園があり、そこでは、動植物相が自然な方法で育つことができる。1914年、グラウビュンデン州に初めて自然公園がつくられた。2008年以降、自然や風土保護に関する連邦法により、他にも公園をつくることが可能となった。それ以来、国内のあらゆる地域で国立公園のプロジェクトが実施された。