原料取引

スイスは、世界的に重要な原料取引の拠点である。現在、この分野の年間売上高は、200億フランである。

積み込み駅にあるコンテナ
© FDFA, Presence Switzerland

スイスは、世界の原料取引において重要な役割を果たしている。綿、油種、穀物取引は、世界市場を先導しており、資金調達や輸送など、この分野における付加サービスには、1万人が従事し、売上高は、国内総生産の3.6%を占めている。 

スイスには、計570社の原料取引の企業があり、そのほとんどがジュネーヴやローザンヌ、ツーク、ルガーノにある。この分野の企業として知られているのは、グランコア・エクストラータ、カーギル、トラフィグラ、メルクリア・エナジー・トレーディング、グンヴァル、ヴィトルである。

 

起源と発展 

スイスの取引の歴史は、アンリ・ネスレ、サロモン・フォルカート、アンドレ&Cieがパイオニアとして原料取引を始めた19世紀前半に起因する。20世紀前半のソシエテ・ジェネラル・ド・サーベイランスや1950年頃のカーギル&アルコアは、ジュネーヴを時を経て原料取引の国際的な中心地へと押し上げた。専門的な能力を身につけた労働力、ライフクォリティの高さ、優れた金融システム、有利な税制は、スイスを魅力的な原料取引の地とする事に寄与した。 

過去10年間にこの分野は、飛躍的な成長を見せた。年間売上は、2002年、25億フランだったものが2011年には200億フランに増大した。この分野は、原料によっては政治的に不安定な国々と取引を行うことから、透明性、マネーロンダリング、人権などのテーマで時に批判を浴びる。もちろん、まったく規制のない状態で原料取引が行われているわけではない。多くの厳しい規則によって、この分野のさまざまな営業活動が規制されている。そして、これらの規則は、近いうちにより厳しくなっていくと予想される。スイス政府は、特にグローバルなレベルにおける改革を支援し、原料の持続可能な製造とフェアな取引が行われるよう各国の国際的な尽力に積極的に参加している

より詳しい情報