スイス博覧会

スイスは、25年ごとに大規模なスイス博覧会を開催している。一番最近では、2002年に湖畔の地方ヌーシャテル、ビール、ムルテンで開催された。

スイス博覧会02でムルテン湖上に建てられたジャン・ヌーヴェル作、錆びた金属製のパビリオン“モノリス”
ジャン・ヌーヴェル作スイス万博02の錆びた金属製パビリオン『モノリス』(ムルテン湖) © Nüssli (Schweiz) AG

スイス博覧会は、25年ごとに、スイスの文化、政治、経済を時代のスナップショットとして表現することを目的として開催されている。最初の国内展示会は、“経済発展の要因としての学校と教育の意味”をメインテーマに据えて、1883年にチューリヒで開催された。

続く3回のスイス博覧会(1896年ジュネーヴ、1914年ベルン、1939年チューリヒ)は、軍隊と国の自主性へ向けた希望がテーマとされた。特に1939年、チューリヒで開催された“Landi(田舎)”は、完全に国防の精神一色に塗りつぶされており、加えて、スイスの快適な田舎暮らしと産業都市での騒々しい生活との比較を強調し、チューリヒ湖畔に実物大の“スイスの村《田舎の小さな村》”が再現された。

1964年、ローザンヌで開催されたスイス博覧会は、“プロジェクト・ガリバー”と称してスイスの未来図を描いた。コンピューターが来場者に行った現代の重要な課題に関するアンケートの最新結果をそのつど知らせた。一方、冷戦時代に開催されたローザンヌのエキスポは、ハリネズミの姿をした軍隊のパビリオンによってスイスの価値観を強調した。

第6回目のスイス博覧会は、2002年に開催された。“Expo.02”は、4つの湖畔会場(Arteplages)ビール、ヌーシャテル、イヴェルドン・レ・バン、ムルテンで開催された。“Expo.02”は、ひらかれたスイスを強調し、健全な環境への配慮、水問題、外国の平和に対するスイスの関与がテーマとされた。

次回のスイス博覧会は、2027年に開催される予定である。現在、まったく異なる3つのグループがExpo2027にエントリーしている。