ジュラ山脈

ジュラ山脈は、スイスの北端に位置し、ローヌ川からライン川にかけて広がっている。ジュラ山脈の西側は、自然な形でフランスとの国境を形成している。

ヌーシャテル州のクリュ・デュ・ヴァン
ヌーシャテル州のクリュ・デュ・ヴァン © Imagepoint.biz

ジュラ山脈は、中部平原の北端に位置し、国土総面積の1割を占める地方である。渓谷、高原、山頂からなる石灰質の弧を描いた山脈の平均標高は、700mである。

ジュラ山脈の約半分(47.4%)は森林で、43.4%が農業地域である。住宅・商業・工業・交通のための地域は8.2%で、この割合は中部平原の半分である。

ジュラ山脈は、一部、ドイツとフランスも広がっている。スイスにあるジュラ山脈は、主にジュネーヴ州、ヴォー州、ヌーシャテル州、ベルン州、ジュラ州、ソロトゥルン州、バーゼルラント州、アールガウ州に広がっている。ジュラ山脈で最も標高の高い地点は、ヴォー州にある標高1679mのモン・タンドルである。