湖と河川

ヨーロッパの約6%の飲料水がスイスを水源としている。スイスの総面積の約4%が湖と河川である。

ローテンブルネン近郊のヒンターライン
ローテンブルネン近郊のヒンターライン川(グラウビュンデン州) © FDFA, Presence Switzerland

スイスには、約1500の湖がある。大きな湖は、ジュラ山脈の北側の麓(レマン湖、ヌーシャテル湖、ビール湖)、中部平原(ボーデン湖、チューリヒ湖)、プレ・アル プスとアルプス北側山腹(トゥーン湖、ブリエンツ湖、ツーク湖、フィアヴァルトシュテッテ湖)、アルプス南側山腹(ラウゲン湖、ランゲン湖)である。加えて、数多くの小さな湖や貯水湖がアルプス地方にある。

多くのスイスの湖は、最終氷期に形成された当時の氷河だった。フランスとスイスの国境にまたがるレマン湖は、ヨーロッパ最大の湖である。スイスの国土のみにある湖で一番大きいのは、面積218㎢のヌーシャテル湖である。

スイスを水源とするローヌ川、ライン川、イン川は、地中海、北海、そして、ドナウ川を経由して黒海に注いでいる。スイスを流れているライン川の長さは375km、ローヌ川は264km、イン川は90kmである。

より詳しい情報