多言語

スイスには4つの言語圏があり、多くの国民が複数の言語を話す。

ドイツ語とフラン語で書かれた道標
2つの公用語が使われているビール/ビエンヌにあるドイツ語とフランス語の標識 © FDFA, Presence Switzerland

スイスでは成人の10人に6人が日常的に2つ以上の言語を話している。公用語の他には、英語、ポルトガル語、スペイン語、セルビア語、クロアチア語、アラビア語がよく話されている。

26ある州のうち4つの州には複数の公用語がある。:ベルン(ドイツ語、フランス語)、フリブール州(フランス語、ドイツ語)、ヴァリス州(フランス語、ドイツ語)、グラウビュンデン州(ドイツ語、ロマンシュ語、イタリア語)。ビールとフリブールの2つの都市では、2つの言語(ドイツ語、フランス語)が話されている。

国レベルでは、ドイツ語、フランス語、イタリア語が公的な官庁用語である。ロマンシュ語は、ロマンシュ語を話す人々が公共交通機関を利用する際に不便のないよう使われている。すべての官庁文書(法律文書、報告書、インターネットのサイト、パンフレット、建物の表示)はドイツ語、フランス語、イタリア語で作成されている。

連邦文化庁が管轄する多言語の振興は、最も重要な課題として位置づけられている。とりわけ国の官庁言語や行政の多言語化、複数の言語を持つ州に対する支援、ロマンシュ語やイタリア語とそれら文化の振興に関しては、言語に関する法律が定められている。