言語と方言

連邦憲法で定められている4つの公用語:ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語

スイスドイツ語の方言で書かれたレストランの看板
スイスドイツ語の方言で書かれた飲食店の看板(ラッパースヴィル-ヨナ) © Mundartbeiz

スイスドイツ語

スイスで最も広く話されている言語は、多様なアレマン語方言の総称であるスイスドイツ語である。スイスドイツ語は、国民の多数を占めるドイツ語圏で話されている。方言は、それぞれの地域であらゆる社会階級の人々のための日常の言語である。

地域ごとに方言の違いがある。(例えば、バーゼル、チューリヒ、ベルンでは話されている方言が違う。)さらに、一つの地域の中にも数多くの方言がある。しかし、スイスドイツ語を話す人たちは互いの方言を理解することができる。

いくつかの地方では、例えばヴァリス州のドイツ語圏で話されているオーバーヴァリス地方の方言やフリブール州のドイツ語圏で話されている方言など、その地域独特の大変強い特性や特別なアクセントを持つ特徴的な方言が使われている。

スイスドイツ語は、個人的なメッセージなど非公式なコミュニケーションで書かれる以外は書き言葉ではない。文書のやり取りは、標準ドイツ語を使って行われている。

 フランス語

スイスのフランス語圏では、フランス語が公用語として使われている。スイスで話されているフランス語は標準フランス語と大きな違いはないが、地域による特色と特別なアクセントがある。

20世紀半ばまでは、少数言語である“パトワ”方言が広く話されていたが、現在ではほぼ完全に消滅してしまった。ヴァリスの谷の一部、ジュラ、フリブール州では、主に年配の人々によって方言が使われている。

イタリア語

ティチーノ州、グラウビュンデンの南部の谷では、イタリア語が公用語である。ロンバルディア方言が広く話されている。

ロマンシュ語

ロマンシュ語は、グラウビュンデンの一部地域に限って数万人によって話されている言語である。ロマンシュ語には5つ方言がある。:スルシルヴァン、ストゥシルヴァン、スルミラン、プーター、ヴァラダール。