チーズ

スイスでは、大昔からチーズが作られており、スイス人は、たくさんのチーズを食べる。

伝統的なチーズ桶のそばにいる女性
© AOP / IPG

スイスには、450種類以上のチーズがある。ハードチーズ、ソフトチーズ、フレッシュチーズ、アルプチーズ、農家が作るチーズ、スライス(削り)チーズなど、さまざまな特徴がある。グリュイエールは、多くの生産量で知られるスイスで最も有名なチーズの産地であり、エメンタール、モッツァレーラがこれに続く。スブリンツ、アッペンツェール、ラクレットチーズ、テ・デュ・モワンなども高い評価を獲得している。

スイスの山岳地域の農家にとって、チーズ作りは、ずっと以前から重要な意味を持っていた。15世紀、子牛の胃にある凝乳酵素のレンネットが使われるようになり、それによって、チーズが長持ちし、主要な食料となった。18世紀からスイスチーズは、国外に輸出されるようになった。

現在、スイスチーズは、年間約18万トン生産されている。そのうちの3分の1が主にフランス、イタリア、ドイツに輸出されている。

より詳しい情報