スイスの名物

いくつかのスイス料理は、国境を越えて知られている。

スイス・ラクレット
スイス・ラクレット © EDA, Präsenz Schweiz

チーズフォンデュ

チーズフォンデュは、グリュエール、ヴァシャラン、アッペンツェーラーチーズで作り、チーズは、多くは白ワインで溶かす。チーズフォンデュは、チーズフォンデュ鍋に長いフォーク状の串に刺したパンを入れて、熱いチーズを絡める。

ラクレット

ラクレットは、ヴァリス地方の名物料理である。半円に切ったチーズの固まりを温め、溶けたチーズを皿に削ぎ入れる。ラクレットと共に食すのは、じゃがいも、ピクルス、白玉ねぎで、多くの場合、ファンダンなどの白ワインを一緒に飲む。

レシュティ

レシュティは、じゃがいもパンケーキの一種である。ゆでたじゃがいもの皮を剥いて(荒いおろし金で)すりおろし、最後にバターを溶かしたフライパンでパンケーキ状に焼く。地域によってそれぞれバリエーションがある。ベルン州のレシュティは、チーズ、玉ねぎ、ベーコンが加えられ、レシュティ発祥の地、チューリヒでは生のじゃがいもで作られる。

ビルヒャーミューズリー

ビルヒャーミュズリーは、穀物、オート麦のフレーク、細かく刻んだフルーツ、牛乳で作られ、朝食、または、おやつ代わりに食べられている。蜂蜜、ヨーグルト、ナッツを加えるなど、数えきれないほどのバリエーションがある。ビルヒャーミューズリーは、マック・ビルヒャー・ベルナー医師が20世紀の初めに考案した。本来、患者のために作られたものが時を経て、全国民の間に広まっていった。

より詳しい情報